読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My darling, Don't go to the party anymore !

Please read books by my side.

『きみはいい子』雑感

今回は映画『きみはいい子』小説『きみはいい子』『わたしをみつけて』(ともに中脇初枝著)『漢方小説』(中島たい子著)の内容に触れています。

 

流行っていると「読むものか!」ってそんな気持ちになる、そういう経験ありませんか?
私はあります!
正直言うとベストセラーと言うだけでもう読む気がなくなるというかなぜだか分からない「ケッ」と言う気持ちに……やっかみでしょうか。なんにやっかんでいるのでしょうか。
でもきっとベストセラーになる前に読んでいると「私、売れる前から知っていたものね!」と言って回りたくなるあの根性。何なのですかね、とりあえず私が小物だということはわかりますね(笑)

ということでとても話題になっていた「きみはいい子」は勿論スルーしていました。
話題になっている以上に児童虐待がテーマで現代の日本が舞台の物語であるということも疎遠にした理由の一つです。
怒られてしまうかもしれないけれど物語が遠い遠い外国の話だと安心して読める、という感覚があります。
こないだ読んだ永田カビさんの『一人交換日記』にそんな幸せの定義がしてあった気がする!あれは良い本ですね。がんがん話題がずれてきていますが。

 

 

一人交換日記 (ビッグコミックススペシャル)

一人交換日記 (ビッグコミックススペシャル)

 

 
※とはいえケッチャムの『隣の家の少女』レベルの毒を含んだ小説は外国だの何だのそういうのを置いといて「人間とは……」という気持ちになってしまいますね。毒を飲ませたほうがいいのかいけないのかわからない、自分。

 

隣の家の少女 (扶桑社ミステリー)

隣の家の少女 (扶桑社ミステリー)

 

 

唐突ですが「GU」っていうブランドがあるじゃないですが。
先日お店に行ってびっくりしました。その安さに。どういうことなんでしょう。
どうしてこんなに安いんでしょう、何か怖い。
もしかしたら私の知らないところにGU王国なるものがあってそこで奴隷が働かされているのではないかという想像までさせてしまう安さ。
※その後、中間マージンがないからではないかという友人の話を聞いて少し安心する小物。
高良健吾さんがここのモデルやってるんですよね。
ちょっとね、怖い、高良健吾さん。もうね、わたしのなかであれですよ。
「奴隷を携えたGU王国の残虐な王様」ポジションですよ。
そんな彼が主演している映画『きみはいい子』観ました。
正確には尾野真千子さんとのダブル主演ですね。


ということでさまざまな理由からのマイナスイメージで映画『きみはいい子』は遠巻きにしていました。
お正月、くっちゃねしつつ、HDDにこの映画も録画していたことを思い出し、「どうしよっかな~かじりだけ観てみよっかな~もう遅いし始まりの部分だけ観て寝よう……」と観始め、あれよれよと最後まで観てしまいました。

 

きみはいい子 DVD

きみはいい子 DVD

 

 

続きを読む

『容疑者X 天才数学者のアリバイ』雑感

映画感想

韓国映画『容疑者X 天才数学者のアリバイ』鑑賞。


韓国の俳優さんはほとんどわからないのですが、逆にそれが良かったのかもしれないです。新鮮ですねぇ。ソッコさんが素敵でした。
原作は東野圭吾さんの『容疑者Xの献身』、ですが原作からは思いっきりアレンジされてました。

 

容疑者Xの献身 (文春文庫)

容疑者Xの献身 (文春文庫)

 

 

が、本筋というか、こー、真相は同じです。ところでこれは本格ミステリなのか?!みたいな論争が起きたとか起きなかったとかどこかで読みましたが、こんなに長く生きていて本格ミステリがどんなものなのかよくわかりません。

日本でも映画化していますが、私は日本版は観ていませんのです。当時流行していたドラマも観ていません。だ、だって福山雅治だったんですよ、なんか福山雅治のファンみたいじゃないですかっ。別にファンじゃないからねっ(自意識過剰)ふ、ふんっ!!

『容疑者Xの献身』はずいぶん前に読んだ本ですが、探偵役の大学教授が、古い友人であり、犯人でもある数学教師が恋をしていることに気がつくきっかけが好きで、あーそうだよねえ、と納得した覚えがあります。教授がそのことを人から聞かれても「彼の名誉のために言わない」っていうところとか。うふふ、読んだことある人はわかりますよね。そうです。そうです。あそこです!うふふ!
あまり本筋に関係ないといえばないので、映画版ではこのエピソードは省かれていますけど、まあそうです。だってソッコさん別に、そう、そうなんだもの。観てはいませんが日本版の方にもないでしょう。あるわけがないのです。あっ、日本版の方をどうも観る気になれないのはそのにあるのかもしれません!俳優さんが皆かっこよすぎるのです!堤真一ですよ、だって!

ところで、花をもごもご食べてウエーってなるソッコさんと刑事さんの学生時代の変な回想場面、あれいるのかな…って思ったけど、あれがないと2人は仲良しなんだよ!っていう設定がとってつけたみたいになるからですかね。

でもよく考えたらすごい確率です。学生時代の友人が自分が犯した犯罪の捜査をする確率って。数学的にはどんだけありうる確率なのかソッコさんに問いただしたいところです。そんなかんなでちょびっと無理があるけれど力技で流していきます。どんどこどんどこ。
私だったらどうするかなあ。自分が犯した一世一代の犯罪を学生時代の仲良しが裁きに来たら。もうあまりの確率の恐ろしさに白目むいてその場で自白するかもしれません。あ、でもソッコさんは色々計画があったので自白も出来なかったわけですね。

とにかくこじつけっぽい友情だなとちょっと思ってしまったわけです。でも言うなればソッコさんが隣の部屋の女性に恋するところもこじつけっぽいっちゃこじつけっぽいですけどね。え、なんで?って言えばなんで?って感じかもだし、です。え?何で恋するの?え?なんですきなの?って。恋なんて言い訳したり美化したりしてるだけで、そんなものかもしれませんが。


むかし何かの物語についてある人と話していて「ここで、AさんがBさんに恋する理由がわからない」って言ったら「恋しねーと物語はじまらねーからだよ!」って言われたのを思い出します。恋しねーと始まらないですもんね。

最後の最後の「あなたが○○すれば、僕の生きる意味はなくなる」っていうソッコさんの手紙がとても良かったです。

 

容疑者X 天才数学者のアリバイ [DVD]

容疑者X 天才数学者のアリバイ [DVD]

 

 



本筋には関係ないですが「容疑者Xの献身」の真相・動機についてすべて明らかにされた場合、犯人は有罪になるのか?(まあ有罪にはなるのでしょうが)どれだけ情状酌量されるのか、ということについて論じた本があるようで、今度コレを読んでみようと思います。面白そうです。

 

あなたが裁く! 「罪と罰」」から「1Q84」まで

あなたが裁く! 「罪と罰」」から「1Q84」まで

 

 





 

誰かの日記に憧れて

きちんと読書日記をつけている人を見て良いなあと思いました。

読み終わった本と観終わった映画でおもちゃ箱みたいな大騒ぎになってる頭の中が少しでも整理できたら良いなあと思ってブログを始めてみたいなと思いました。